ハロー・レディ!終わりました。

暁Worksのハロー・レディ!が終わったので簡単に感想を。

※以下ネタばれを抑えるようにしますが、やっぱりネタバレ含みます



前作の&が個人的に物足りなさを感じていたので多少の不安を感じていたのですが。
本作は私が本来期待してる通りの暁Worksの作品でした。

能力バトル、序盤適度に蒔かれる伏線、中盤以降の常に緊張感のある展開
ボリュームのある作品ではないですが、久々に一気にプレイさせてもらいました。


この作品は少し特殊なところがありまして、
それは主人公がヒロインたちの学園に入学する理由が自分の復讐のため、
というダークヒーロー的なキャラ付けをされてるところです。
私のプレイした暁Works過去の作品にはなかった設定ですね。
確固たる信念を持ち、策略家で武術も使える、能力もレベルの高いものというまさにラスボス
ことある事に非常に説得力のある、ありがたいお言葉を残してくれます。

そんな主人公がヒロインたちと関わる事で次第に変化し、復讐をやめ…ないです。
どちらかと言うとヒロインさんサイドが受け入れて行く感じですかね(しゃーなしだな)

学園の秘密に迫り、思わぬ真相にたどり着き、選択を迫られるヒロインなど、
物語が二転三転する展開は飽きさせないですね。

過去作品「コミュ」でも採用されていた2ndOPも本作には用意されてました。
序盤の緩い展開から2ndOPを境に一気に緊張感のある物語に切り替わるのは、
この作品に限らずですが個人的にものすごく好きな演出です。
むしろこの作品に関しては2ndOPを境に『始まった』という感じでしょうか。


おなじみのシナリオロックがされていまして。
攻略順は 珠緒/空子→エル→朔(グランドエンド) という形になります。

美鳥はサブキャラクターだろ、いい加減にしろ!!(でも退場が早すぎる・・・)


その他に気になった点

CG
全体的にエロシーン塗りが良くなった気がする、質感とか

音楽
盛り上がるBGM等雰囲気にしっかりマッチしてて、個人的にも好きな楽曲が多くて良かった。

システム
フラグ状態を確認できるシステムが用意されててなかなか可愛いかったが、
そこまで複雑なフラグ構成でもなかった気がした。(複雑だったらそれはそれで面倒だが)



以下キャラクターごとの簡単な感想(攻略順)


珠緒
脳筋ヤンキー(強い)
暗殺一家の娘で学園の秘密を探るために入学。
もうちょいその家系方面の話を用意してくれればボリューム的にもよかった。
主人公の攻めに対して初心な反応が見れるのが非常にグッド。
物理系の能力者は微妙な扱いを受けることが多い気がするのですが、
回復力を高めたり、嗅覚を上げたりなど応用性が高すぎてなかなかチート。


空子
2重人格
どのルートでも自分の大切な父親と先生を主人公に殺される不憫な子
主人公「復讐のためにお前のおとんと恩師殺したわ、すまんな」
空子 「なんてことだ・・・なんてことだ・・・」
この子の能力は説明不足でホントに分からない・・・解説待とう


エル
エルたそ~
完全にネットスラング発言機となってしまった茜子さん枠
拾ってくれた朔に仕える、がキマシタワー展開はないぞ。
注目すべきはエロシーン、主人公の悶絶ボイスが聞けるぞ!(あのさぁ・・・)
エルのルートなのに朔がやたら目立つ、最後の記憶なくなった状態の朔が可愛い。
能力はちょっと複雑、他者の愛と同化するというもの、相手に認識されずに接近したり、
最愛の人物と錯覚させて攻撃できないようにするという使い方をしていた。(イザナミだ)



大正義おっぱい
空子、エルのルートで徐々に分かってくる朔の真実が明かされます。
棒つき飴をバクバク食ってるので、エロシーンにも使って欲しかったですね(切実)
能力は相手の能力を吸収してしかも同時に5つまで使える、
しかもしかもその能力の組み合わせで新しい能力を生み出すというマジキチ性能。
そんな彼女が手も足も出ない「ラスボス」が出てきたり、
朔の能力の本質、その真の能力がさらにやばいという、
能力のインフレがすごいことになったりします。(終盤だから、ま多少はね?)

エロシーンはエルが3回他は2回
フェラシーンは全員あります(重要)

好きなキャラ順は エルたそ=朔>>珠緒>空子
特に朔はプレイしてやる前より大分好きになりました。

久々にそこそこ満足できるエロゲやったと思います。
ただ悪い点がなかったかと言われるとそうでもなく、やっぱりもう少しボリュームが欲しい
特に主人公の過去については何度も説明されるが断片的で感情移入しにくい。
過去編とまでは言わないが、それなりにじっくりと理解できる回想などを用意して欲しかった。
あと誤字が多すぎる。


批評空間的点数にするなら80点あたりかな
るい智が84、コミュが82あたりだったと思います。


バッドエンド後やキャラクリア後に用意されてるペルーシェマンショーは必見




あとからまた追記したり修正するかも。






スポンサーサイト

プロフィール

Author:ナギりゃん
   
メール(あっとを@に変えてね)
chansama4あっとgmail.com


Twitterボタン

最新記事

カテゴリ

応援中

eufonie最新作「はにデビ! honey & devil」情報公開中! 『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!

RSSリンクの表示

コミュニティ

検索フォーム

お気に入りメーカー

暁WORKSバナー フロントウィング

応援中

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中! >

リンク

QRコード

QRコード
Copyright © ナギりゃん