ヨメ充終了、感想

ヨメ充!(脳内彼女) が終わったので簡単に感想を


※ネタバレもあるので注意
















一応私のプレイする初の脳内彼女になるヨメ充

おおまかなストーリとしては
主人公は書店を経営してて親の形見の年代記を大事にしていたのだが、
その年代記が世界を作り変える力のあるとんでもファンタジーブックだったり、
主人公が実は貴族出身だったりとかなりぶっ飛んでる設定。

まあ、ヒロイン全員男の娘にするような会社だからどこもおかしくないNE


ストーリよりもキャラクターの魅力に重きを置く形なんだろうと
予想をしていたのだが、これが大きな誤算だった。
いや実際にキャラクターは個性があって可愛いし、キャラ同士の掛け合いも面白い



エロ>キャラ>ストーリー  でした。


数分前まであんなに純情そうだった幼馴染がエロシーンに入った途端
オチンポミルクとか言い出すんですよ。


あんなに純情そうだった幼馴染がエロシーンに入った途端
口マンコとか言い出すんですよ。


あんなに純情そうだった幼馴染がエロシーンに入った途端
専用のオナホールにしてええええとか言い出すんですよ。


なんてファンキーなエロゲなんだ

いや、もっと早く気付くべきでした…




共通ルートでラーメン早食いに挑んだ幼馴染がゲロったあたりで気付くべきでした。



エロシーンの数は1人7~9シーンほどあるので(連続したプレイも含む)
終わらせるまで時間がかかってしまいましたが、テキスト量はそんなに多くないです。
共通がそこそこ長いので半分くらいまで消化してしまいます。



キャラクターに順位を付けるなら   
四織>かなた>神前、郁乃>>リーゼ

四織はダントツに可愛い、やっぱ妹だよね
そんな可愛い四織もエロシーンに入った途端に淫乱の魔術師(攻/2000 防/1000)になってました。

かなたは男の娘です、Sで姉御で男の娘っていうのは見たことがないので新鮮だった。
何より女性声優の射精する演技はやっぱ最高だぜ!ということ。

神前はロリverのエロシーンがない、訴訟(迫真)
実はストーリーが一番好きだったりする、ええ話や。

郁乃はゲロシーンの一枚絵があればもっと伸びた(適当)
幼馴染という立ち位置のせいかどのルートに行っても最後まで絡んでくる、
自分以外のルートで毎回主人公を取られる郁乃のハートはもうボロボロ。

リーゼはその、うん…個性がな…



全体的な感想としては

シナリオに関しては特筆するところはないが、
抜けるし可愛いし抜ける。


批評空間で点数すると 77

脳内彼女の作品はもう少し攻めてみようかなと思った。








スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://nagiryan.blog63.fc2.com/tb.php/130-18e76138
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ナギりゃん
   
メール(あっとを@に変えてね)
chansama4あっとgmail.com


Twitterボタン

最新記事

カテゴリ

応援中

ひよこソフト | 消えた世界と月と少女 『あかときっ2!-紡ぐマホウと零れるヒカリ-』応援中!

RSSリンクの表示

コミュニティ

検索フォーム

お気に入りメーカー

暁WORKSバナー フロントウィング

応援中

『ノラと皇女と野良猫ハート2』応援中♪ 雲上のフェアリーテイル【COSMIC CUTE】 純情化憐フリークス【Wonder Fool】

リンク

QRコード

QRコード
Copyright © ナギりゃん